Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

メッセージを一カ所で管理する

さて今日は、「メッセージを一カ所で管理する」というテーマでお送りします。

最近は、いろいろな会社が SNS やメッセージングサービスを立ち上げています。

たくさんのサービスがあると、その中からより自分にあったものを選ぶことができますが、

メッセージングサービスは、相手に合わせることも必要です。

やりとりする相手によって、使っているサービスが異なっていると、

そのすべてでアカウントを取ったりアプリをインストールしたりして、

通知の管理や未読のチェックが大変になる問題が発生します。

今回は、そんな問題を解決するためのアプリをご紹介します。

■メッセージ一括管理アプリ Franz

Franz は、
http://bit.ly/2lKzTMn

複数のメッセージングサービスに対応し、

メッセージを一カ所で管理することができるアプリです。

サポートするメッセージングサービスは、

Slack, Facebook Messenger, Whatsapp, Gmail, Skype, Google Hangouts, Outlook.com, LinkedIn など。

それぞれのメッセージを、混ぜて表示するわけではなく、

タブでサービスを切り替える感じの使用感です。

メッセージ系専用のブラウザ、と考えるとわかりやすいかもしれません。

タブにサービス名と未読数のバッジが表示されるので、

このアプリを開いておけば、未読管理がラクになります。

■Franz の使い方

http://bit.ly/2lKzTMn

からアプリをダウンロードし、インストールします。

Windows, Mac, Linux に対応しています。

iOS 版もリリースされると嬉しいですね。

インストールして起動すると、まずは、設定で言語を日本語にしておくとよいでしょう。

次に [サービスを新たに追加] を開き、

追加したいサービスのアイコンをクリックします。

[サービス名] には、自分がわかりやい名前を入力します。

ここに入力した名前が、タブに表示されます。

あとは、ブラウザでログインするように、ユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。

Franz が、ユーザー名とパスワードを記録するわけではなく、

単なるブラウザとして動いているので、Franz から個人情報が漏れる危険はなさそうです。

同じサービスで複数のアカウントを登録できる点も便利です。

例えば、複数の Gmail アカウントを使い分けている場合でも、

各アカウントをFranz に登録しておけば、

タブ切り替えだけで、それぞれのアカウントの受信箱を見ることができます。

○ ○ ○

これまで、メッセージ系は、ブラウザの「タブを固定」機能を使って、常にタブを開いていたのですが、

Franz を使う方が、メッセージ系ページを集中管理できて便利です。

ぜひ試してみてください!

Facebookでコメントする