Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

Macでメールパスワードを回復する方法

さて今日は、「Macでメールパスワードを回復する方法」というテーマでお送りします。

Mac にログインするためのパスワードなど、毎日打ち込むパスワードは忘れることはありませんが、

メールのパスワードなど、一度セットアップしてしまえば、あとは入力する必要のないパスワードは、

覚えていません。

特に、自分で決めたパスワードではなく、サービス側から発行されたパスワードを使う場合は、

そもそも覚えようという気もなく、コピペか、見たまま一度だけ打つだけです。

メールアカウントを消してしまったり、新しい端末にセットアップしたりするとき、

そういった覚えていないパスワードを入力する必要にかられるのですが、

パスワードが記載されている書類はどこかに行ってしまっていてわからない、

というのが、よくあるパターンです。

そういったときにも、Mac のキーチェーンを使っておくと、

そこから回復できます。

■キーチェーンを有効にする

キーチェーンを有効にしておくと、アプリに入力したアカウント情報やパスワードが、

キーチェーンにセキュアに保存されます。

キーチェーンを有効にするには、[システム環境設定] – [iCloud] を開き、

「キーチェーン」にチェックを入れます。

キーチェーンに保存されている情報にアクセスするには、キーチェーンのパスワードを入力する必要があります。

このパスワードは忘れないようにしましょう。

■キーチェーンからパスワードを回復する

[アプリケーション] – [ユーティリティ] から「キーチェーンアクセス」を起動します。

左側ペインで [キーチェーン] – [ログイン」を選択します。

すると、右側のリストにキーチェーンに保存されているログイン情報が、ずらっと表示されます。

メールのパスワードを調べたい場合は、右上の検索窓に、

調べたいメールアドレスや “com.apple.account.POP.password” などを入力して探すことができます。

検索して出てきた項目をダブルクリックするとダイアログが表示されます。

一番下の「パスワードを表示」にチェックを入れ、キーチェーンのパスワードを入力すると、

メールのパスワードを見ることができます。

同じように、Wi-Fi アクセスポイントのパスワードも調べることができます。

Wi-Fi の SSID で検索したり、属性「AirMac ネットワークのパスワード」でソートすると、

Wi-Fi の情報を見つけることができます。

ダブルクリックしてダイアログを表示し、

一番下の「パスワードを表示」にチェックを入れ、キーチェーンのパスワードを入力すると、

Wi-Fi のパスワードを見ることができます。

○ ○ ○

面倒なパスワードの管理も、

システムに任せておくことで効率化できます。

ぜひ試してみてください!

Facebookでコメントする