Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

Dropboxの動画をiPhoneで見る時に通信量を抑える方法

さて今日は、「Dropboxの動画をiPhoneで見る時に通信量を抑える方法」というテーマでお送りします。

Dropbox に動画を置いておくと、

Mac, iPad, iPhone, Android など、持っている様々な端末から動画をストリーミングで見ることができます。

ストリーミング再生できるので、

事前に動画ファイルを、PC からモバイル端末にコピー、転送、同期しておく必要がなく、便利です。

iPhone, Android を使えば、外出先や移動中にも動画を視聴できます。

しかし、ストリーミング再生はデータ通信量をたくさん消費してしまいます。

家や公衆無線 LAN の Wi-Fi で使っている場合は問題ないのですが、

モバイル通信で動画を見る場合は、通信量に注意が必要です。

通信量が多くなり、3日間に使えるデータ通信量や、月間で使えるデータ通信量の上限を超えると、

通信速度を遅くする制限がかかります。

そうなってしまうと、ブラウザのページ表示が遅くなったり、

Twitter や Facebook アプリなどの読み込み速度も遅くなってしまいます。

知らず知らずのうちに普段の通信速度に慣れてしまっているので、

速度制限がかかった、待たされる時間が長くなる通信環境になると、イライラ不便に感じます。

そこで、そうならないように、これから見る動画を端末に保存しておく方法をご紹介します。

■Dropbox のオフラインアクセス機能を使う

Dropbox には、オフラインアクセス機能があります。

通信できない環境でも Dropbox のファイルにアクセスできる機能です。

この機能を使えば、ファイルはスマホにダウンロードしてキャッシュされます。

だから、データ通信を使わずに動画を視聴することができます。

見たい動画が決まっているなら、

事前に Wi-Fi 環境でスマホ内にファイルをダウンロードしておくとよいでしょう。

■Dropbox のオフラインアクセス機能の使い方

iPhone の Dropbox アプリを起動し、見たい動画を選択します。

右上の三点メニューから [オフラインアクセスを許可] を選択します。

これだけでファイルが、端末内に保存されます。

iTunes で同期をしたり、PC からファイルをドラッグしてコピーする必要がないので、

簡単ですね。

ファイル一覧画面に戻ると、ダウンロードされたファイルには、緑色のアイコンが付きます。

■ダウンロードしたファイルの削除方法

ダウンロードしたファイルを削除して、スマホの空き容量を増やしたい場合は、

見たい動画を選択し、右上の三点メニューから [デバイスから削除] を選択します。

あるいは、Dropbox アプリの下のメニューの [オフライン] を開くと、

ダウンロードしたファイルを一覧することができます。

削除したいファイルの右側の下矢印アイコンからメニューを開き、

[デバイスから削除] を選択します。

○ ○ ○

オフラインアクセス機能を使えば、事前にひと手間だけ必要ですが、

通信量を抑えられますし、通信圏外でも Dropbox の動画を視聴できます。

ぜひお試しください!

Facebookでコメントする