Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

本物にこだわる

本物にこだわりたい。

○○風とか○○テイストとかフェイク○○とかがあまり好きではありません。

○○を真似したものではなく、その○○自体に触れいたいものです。

写真でいうと、デジカメで撮ったのにフィルム風に加工したり、トイカメラで撮った風にしたり。

お手軽にできて、楽しいのですが、本質的ではない。

お遊びとしては良いのですが、作品としてはニセモノ感が漂います。

ホンモノへのこだわりは持っておきたい。

それは、写真を見る場合も同じです。

今はウェブで画像をお手軽に見ることができます。

簡単にどんな写真かを眺めるには向いていますが、その写真そのものを味わったとは言えません。

画像よりも、写真集で見る。

写真集で見るよりも、オリジナルプリントを見る。

そういった本物に触れる機会を意識しておきたいものです。

Facebookでコメントする