Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

フィルムで撮る

当たり前ですが、フィルムで撮ると仕上がりをチェックできない。

デジカメで撮っていたクセで、シャッターを切った後、背面ディスプレイで写りを確認しようとしてしまう。

でも、そこには当然ディスプレイはなく、映像を確認しようとした自分が残念に感じます。

できあがりに不安はありますが、このゆっくりなペースがまたいい味です。

フィルムを交換するのも、SDカードを交換するのよりはゆっくりになります。

シャッターを切った後、巻き上げの操作が入るので、撮影もゆっくりになります。

そういったことも、フィルム写真のなんとなくいい雰囲気とか空気感につながっているのでしょうか。

Facebookでコメントする