Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

やるべきことはネタとしてやってしまう

時が経つのははやいもので、もう12月です。

12月は何かと忙しいですが、
今年はどんな年だったか、
新年を迎える前に振り返りをしておきたいものです。

ですが、12月は体感で他の月の3倍速で過ぎ去っていくので、
なにか手を打っておかないと、いつの間にか新年を迎えている、
といったことになってしまいます。

そこで「 別の習慣と紐付けて、振り返りを習慣化する。」ワザを
年次レビューにも使ってしまいましょう。

私は、毎日、英語の練習として、日記や興味あることを英語で書いて、
先生に添削してもらっています。

そのネタとして、年次レビューを使ってみようと思います。

年次レビューした結果を、英語ライティングして提出する。
月ごとに振り返るとしても、11ヶ月分、11個も書くネタができてしまいました。

英語で書くと、日本語よりも論理的な構成となるので、
振り返った内容が論理的に破綻がないか、チェックができるかも知れません。

英語でも書くことで、振り返りが
英語ライティングの練習と年次レビューが同時に進むなんて、
なんて素敵なんでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本日のまとめ●

■ 12月は、3倍速で過ぎ去っていく。
■ やるべきことはネタとしてやってしまう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookでコメントする