Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

私がオックスフォード地の白いボタンダウンシャツだけを着る理由

私がオックスフォード地の白いボタンダウンシャツだけを着る理由

仕事でスーツを着ない職種だと、毎日の服装に悩みます。

私の場合は、数年前に、オックスフォード地の白いボタンダウンシャツだけを着ることに決めました。

といっても、同じ服を着ることはスティーブ・ジョブスやマーク・ザッカーバーグの真似なのですが。

ここでは、私なりの理由をご紹介しましょう。

何を着るかに頭を使わない

スティーブ・ジョブスやマーク・ザッカーバーグは、重要なことに頭を使うために毎日同じ服を着ると決めていた、
と言われています。

『スタンフォードの自分を変える教室』によると、

人は意志力を使っているうちに「使い果たしてしまう」

~略~

意志力を使い果たしてしまうと、人は誘惑に対して無抵抗な状態か、もしくはかなり弱い状態になってしまうのです。

引用元:スタンフォードの自分を変える教室 p.94

とあります。

つまり、服を選ぶことに意志力を使うことやめ意志力をセーブすることで、重要なことに頭を使うことができるようになるのです。

さらに、

脳はエネルギーをお金のように扱います。エネルギーがたくさんあるときには消費しますが、エネルギーの量が減り出すと節約するというのです。

引用元:スタンフォードの自分を変える教室 p.107

とあります。

エネルギーがたくさんある朝に、服を選ぶことに意志力を使ってしまうと、
たとえそれが重要でない事であっても、脳はエネルギーを無駄遣いしてしまいます。

だから、特に朝には、重要でないことをに意志力を使うことは、避けたほうがよいです。

清潔感がある

ファッションセンスのない人が、変にオシャレぶったアイテムや流行のアイテムを選んでコーディネートして、
残念な結果に仕上がってしまう、という事故はよく起こります。

無理にオシャレぶるよりも、シンプルに白シャツ+ジーンズという王道の組み合わせを選ぶほうが
清潔感があってモテます。

何より、定番のアイテムは、流行に左右されず長持ちします。

カジュアルすぎず、ドレスすぎず、合わせやすい

ジョブズの黒のタートルネック+ブルージーンズ+グレーのニューバランスといった組み合わせや
ザッカーバーグのグレーのTシャツは、場面によってはややカジュアルすぎます(シリコンバレーではよいかもしれませんが)。

襟付きの白シャツは、それらよりはドレス感があります。

また、ボタンダウンかつオックスフォード地であることで、逆にドレス過ぎない。

仕事にもプライベートにも対応できる、いいバランスのところに落ち着いてくれます。

また、カリフォルニアの温暖な気候では年中Tシャツでもよいかもしれませんが、
日本の冬は寒いので、ニットなどが必要です。

白シャツならばどんな色のニットにも合わせやすいです。

まとめ

意志力を重要なことに使うために毎日同じ服を着ると決め、
いろいろな条件を吟味し選ばれたのが、オックスフォード地の白いボタンダウンシャツです。

ひとつ問題点を上げるなら、袖と襟(の内側)が黒く汚れやすいこと。

白シャツは消耗品だと聞きますが、できれば長く着たいものです。

洗濯術については、また別の機会に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
長年、MACでもWindowsでも、日本語入力にはATOKを使ってきましたが、
MACの方はOS X El Capitanになってから、OS Xのライブ変換を使うようになりました。

Windowsでも、最近、ATOKの変換精度がイマイチと感じる場面が多いので、
Google日本語入力に切り替えてみました。

ファーストインプレッションとしては、快適でATOKいらないかも。

というわけで、ATOK Passportは解約してしまいました。

【昨日の1日1新】
Google日本語入力 Windows版

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookでコメントする