Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

Googleロケーション履歴で行動履歴を自動で記録する方法

いつ何をやっていたか、という時間ログをつけていいます。

ドラッカーの

時間の管理に取り組むには、まず時間を記録する必要のあることはかなり前から知られている。

~略~

知識労働者が成果をあげるための第一歩は、実際の時間の使い方を記録することである。

 時間の記録の方法については気にする必要はない。~略~ 大切なことは、記録することである。記憶によってあとで記録するのではなく、リアルタイムに記録することである。

引用元:ドラッカー名著集1 経営者の条件

という教えに習ってのことです。

ですが、記録をリアルタイムで付け忘れてしまう場合があります。。

記録を付け忘れたときは、記憶によってあとで記録するのですが、
ドラッカーがおすすめしないとおり、人の記憶というものは曖昧で、
ざっくりとした時間すらも思い出そうにも思い出せないときがあります。

そんな曖昧な記憶を補完してくれるのが、ITツールの力です。

Googleロケーション履歴とは?

Google Mapにロケーション履歴という機能があります。

参考: iPhone と iPad のロケーション履歴

いつごろ、どこにいたのか、自動で記録されるサービスです。

ロケーション履歴で何時頃から何時頃までどこにいたかがわかれば、
何をやっていたかの、ヒントにもなります。

Googleロケーション履歴を有効にする

「アクティビティ管理 – アカウント設定」 を開き、
「訪れた場所」をONにします。

ロケーション履歴は、「ロケーション履歴」 から確認できます。

日付を指定すると、その日の何時頃どこにいたか、が表示されます。

ロケーション履歴

まとめ

記録をリアルタイムで付け忘れてしまったときに便利なGoogleロケーション履歴を紹介しました。

いつどこにいたかを自動で記録してもらって、振り返ることができるのは、とても便利です。

何をやっていたかも自動で記録できるようなアプリもあればよいのですが。。

ウェアラブル系のガジェットを使うと、運動や睡眠を自動で記録してくれるものもありますが、
常時装着しているのが鬱陶しく、使わなくなってしまいました。

スマホのアプリだけでできるといいですね。
作ってみようかと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
久しぶりに運動をしました。
といっても、ボーリングと卓球なのですが。。
日頃の運動不足がたたり、卓球30分とボーリング2ゲームでヘトヘトになりました。

ボーリングのスコアは135と112でした。
数年ぶりでしたが、うまくも下手にもなっておらず、
以前と変わらない想定内のスコアでした。

【昨日の1日1新】
TOHOシネマズ 新宿
4DMX
新宿コパボウル
うしごろ貫
十四代(日本酒の方)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookでコメントする