Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

FeBe(フィービー)で聞ける定番ビジネス書・自己啓発書 10選

最近、移動中や掃除中、料理中に、オーディオブックで本を読む(聞く)のがマイブームです。

FeBe(フィービー)とは? オーディオブックとは?

FeBeは、書籍や雑誌を音声化したオーディオブックを販売しているサイトです。

オーディオブックとは、プロのナレーターや声優さんが書籍を朗読した音声データです。

オーディオブックを使うと、
移動中に、例えば満員電車で本を開くスペースがなくても、
音楽を聴くように、本を読んで(聞いて)学ぶことができます。

FeBeのオーディオブックは、MP3形式でダウンロードできるので、
iPhoneやAndroidケータイ、ポータブルオーディオやボイスレコーダーにコピーして聞くことができます。

品揃え

AmazonでもKindle化されている書籍とされていない書籍があるように、
FeBeでオーディオブック化され販売されている書籍には限りがあります。

率直な感想を言えば、品揃えはまだまだ少ないと言ってよいでしょう。

その中から、何度も聞いて自分の頭に刷り込ませておきたい定番・古典のビジネス書・自己啓発書を
厳選して紹介します。

FeBeで聞ける定番ビジネス書、自己啓発書10選

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳になって7つの習慣の習慣名にも翻訳変更が入っているのですね。
紙の書籍の完訳版は読んでいなかったので、オーディオブックで知りました。

7つの習慣を習慣化するために、繰り返し聴きたいです。

スタンフォードの自分を変える教室

習慣化する力を身につけるためには、
その理論を知っておくおことが重要です。

理論を分かりやすく解説してある『スタンフォードの自分を変える教室』はオススメです。

P.F.ドラッカー経営論

ビジネス書といえばドラッカーは外せないでしょう。

残念なことにドラッカーのタイトルはあまりオーディオブック化されていません。

唯一発見できたのがこの『P.F.ドラッカー経営論』です。

第35章まであり、1章ずつ分けて販売されています。

セットでも売っているのですが、32,400円と高価です。

一度に全部個購入してもすぐには聞けないので、
聞きたい時に1章ずつ購入しています。

イノベーションのジレンマ

イノベーションについてはとりあえずこれ読んどけ的な『イノベーションのジレンマ』。

ビジネスを行うなら読んでおきたいです。

ストーリーとしての競争戦略

「ビジネス戦略を考えるのって、面白い!」と思わせてくれた一冊。

とはいえ、本書で解説されているようなすばらしい競争戦略を作り上げるのは、簡単ではないでしょう。

何度も読んで聞いて学びたいです。

影響力の武器

デール カーネギーの『人を動かす』がオーディオブック化されていないので、こちらの『影響力の武器』をオススメします。

影響力を発揮したい、あるいは、影響力から身を守りたいなら知っておいきたい法則やテクニックが多数紹介されています。

「原因」と「結果」の法則

のちに書かれた多くの自己啓発書に影響を与えたと言われている『「原因」と「結果」の法則』。

自己啓発書のバイブルと言っても過言ではありません。

1時間38分で聴けるので、1日で聴けちゃいますね。

嫌われる勇気

アドラー心理学といえば『嫌われる勇気』。

2014-2015年にブームとなったので、紙の書籍で読んだことがあるかもしれません。

聞いて復習できるのがオーディオブックのよい点です。

本多静六 人生を豊かにする言葉

大学教授でありながら林業で財をなし、日比谷公園など、現在の有名な公園の多くを設計した本多静六の言葉は、
何度も聞いて刷り込んでおきたいです。

手紙屋

「働く」ということに対して考えさせられる小説です。

就職する前に読んでおきたかった。

まとめ

紙の書籍を読むのと、耳から聞くのでは、異なるインプットになります。

両方を使い、何度も何度も刷り込んでいくことで、
「いい話だった〜」で終わらせない、アウトプットにつながる読書にしましょう。

今回紹介したオーディオブックを、FeBeのブックリスト にもまとめておきました。

ブックリストでは、まとめて試聴できるので、ぜひお試しください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
昨日は英語の発音レッスンでした。
母音+母音をなめらかに発音する方法や、
canとcan’tは両方”キャン”に聞こえるけどどう聞き分けるか、など
今週も楽しく学べました。

【昨日の1日1新】
メディアマーカー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookでコメントする