Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

知ってると検索が捗るGoogle検索の3つの基本テクニック

Google検索するときに、検索ワードを入れるだけでなく、
検索ツールやオプションを使うことで効率よく検索できます。

知りたいことを Google で簡単に見つけるコツをご紹介します。

「-」(マイナス)で余計な検索結果を取り除く

たとえば、端午の節句の和菓子のちまきのレシピを検索するとします。

すると、「粽(ちまき)」以外に「中華ちまき」もヒットしてしまいます。

「中華ちまき」の情報はいらないので、

ちまき レシピ -中華

で検索してみましょう。

「中華ちまき」の検索結果は取り除かれ、欲しかった情報だけを得ることができます。

期間を指定する

たとえば、iPhoneアプリの使い方を知りたい時に、

LINEアプリ 使い方

で検索するとします。

検索結果には、古い情報も新しい情報もあります。

古い記事を読んでも、いまのバージョンと見た目が違っていて参考にならなかったり、
機能の追加削除があったりするので、できるだけ新しい情報がほしい。

そんなときは、[検察ツール]で”期間指定なし” となっているところを “1年以内”など好きな期間を指定してみましょう。

その期間内に更新されたページのみが、検索結果で表示されます。

検索結果に日時も表示されるので、記事の鮮度の参考になります。

ファイルを検索する

“filetype:<拡張子>” をつけると、指定したファイル形式のファイルのみを検索できます。

たとえば、

filetype:ppt 企画書

で検索すると、パワーポイントファイル形式の企画書を検索することができます。

PDFを検索する場合は、”filetype:pdf”, ワード文書なら”filetype:doc”または”filetype:docx”, エクセルなら”filetype:xls”または”filetype:xlsx”で検索します。

まとめ

情報が溢れている時代だからこそ、いかに余分なものをそぎ落として目的の情報にはやく達するか、
が重要です。

今回紹介したものは基本なテクニックですが、
知っていると知っていないとでは大違い。

マスターして、Google検索を使いこなしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【昨日の1日1新】
下高井戸シネマ
ワインすきしゃぶ
ハーゲンダッツ クリスピーサンド タヒチバニラ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookでコメントする