Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

4Kってどういう意味?

最近よく聞く「4K」。

何となく高画質そうなイメージがしますが、
正確にはどういう意味か知っていますか?

「4K」のK

「4K」のKは1,000という意味があります。

1km = 1,000m や 1kg = 1,000g のKです。

ということは、4K = 4,000 ですね。

では、何が4,000なのでしょうか?

それは、画像や動画の幅の点の図です。

横向き(水平方向)に4,000個の点が並んでいることを表しています(正確には3,840で4,000ちょうどではなくざっくりです)。

画面の縦横比は16:9なので、縦は2,180(ざっくり2,000)です。

画の解像度は 4,000 x 2,000 で800万画素になります。

「4K動画」は、横4,000 x 縦2,000 = 800万画素の動画データです。

「4Kテレビ」は、横4,000 x 縦2,000 = 800万画素を表示できるテレビです。

「4Kテレビ」で「4K動画」を表示すると、テレビの表示能力が動画のサイズと同じ(か大きい)ので、
動画は縮小されずオリジナルサイズで表示されます。

静止画(写真)の解像度

静止画(写真)の場合はどうでしょうか?

Phone6sのカメラの解像度が12メガピクセル (= 1,200万画素)ですから、
4Kテレビの解像度のほうが下回っています。

つまり、4KテレビはiPhoneで撮った写真すらオリジナルサイズで表示できず、縮小されて表示されます。

4Kテレビと聞くと高画質なようなイメージですが、
動画にとっては高画質でも、静止画ではそうではありません。

静止画(写真)をディスプレイでキレイに(オリジナルサイズで)見るにはもう少し時間がかかりそうです。

解像度の未来

写真を撮ったままのオリジナルサイズで見れるように、8Kディスプレイ(3,600万画素)の登場が待たれますね、
と言いたいところですが、ディスプレイの性能が上がる頃にはカメラの性能も上がっていて、
結局はイタチごっこになります。

しかし、8Kくらいの解像度になると、それ以上解像度を上げても人の目には違いがわからず、
解像度を上げる製品開発は重点ではなくなるかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
Deep Learning講習を受講しました。
入門講座なのに講師の第一声が「Deep Learningとは、簡単に言うとニューラルネットワークなんですよ」
という全然簡単じゃない説明で、参加者の大半が置いて行かれました。

【昨日の1日1新】
Deep Learning講習受講

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookでコメントする