Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

早起きを習慣化するなら新年度の始まりがベストな理由

早起きに何度かトライしてみたものの習慣にならなかった人。

はい、私のことです。

年初、年度初め、セミナーを受けたあと、なんとなるやる気がみなぎった時など、チャンスが来るたびにトライしてみるのですが、
なかなか定着しません(少しずつ早くなっているのですが理想には遠いです)。

「新年度だから心機一転、早起きをやってみよう」では、根拠が薄すぎて三日坊主になることが目に見えているので、
もうすこし理由をつけて習慣化を目指しましょう。

4月の朝は電車が混む、遅れる

新年度の4月は電車が混みます(東京の話です)。

新入生のなんやかんやや、新社会人の研修があり、
都心に人が集まるため、電車が混みます。

GWが終わるくらいまでは全体研修を行う企業が多いのか、とにかく時間や場所の分散がされず、
電車が混みます。

満員電車は嫌ですよね~。

さらに、ホームに人が溢れるほどになり、ホームの入場制限が発生したり、電車もよく遅れます。

電車が遅れるのは嫌ですよね~。

だったら早起きして、電車が空いていて遅れにくい時間帯に移動しましょう。

4月の夜は電車が混む、遅れる

4月は新歓コンパや新入社員の同期同士の飲み会、新人歓迎会などで飲み会が多く開かれます。

そして21時以降の電車が混みます。

酔っぱらいで満員の電車は嫌ですよね~。

さらに、酔っぱらいが多いということは、電車の遅れもよく発生します。

疲れていて家に早く帰りたいのに、電車が遅れるのは嫌ですよね~。

だったら早起きして、早く出社して仕事を片付け、早く帰れるようにしましょう。

いま始めると夏にいいことがある

いま始めて、3ヶ月で習慣化できると、7月頃には早起きできるようになっていることでしょう。

早起きすると、朝の早朝の涼しい時間帯に爽やかに通勤・通学できます。

夏の暑い時間帯に汗だくになって通勤しなくてよいのです。

汗だくになると、ベチョベチョするし疲れるしで、仕事にスムーズに入っていくことは難しいです。

爽やかライフスタイルを実現して効率を高めたいなら、今のうちから始めて、早起きを習慣化しておきましょう。

まとめ

巷では、早起きすると運動できる、勉強できる、読書できる、内省できるなど、
できることが増えるポジティブ面がよく語られます。

しかし、早起きしてまでやりたいことがある人、情熱を持ってやりたいことが見つかっている人でなければ、
それをやってみても続かないものです。

ここでは早起きをしないと被る被害・ネガティブなことを上げて、それを避けられるよ、という切り口で考えてみました。

すでに新年度が始まっていますね。

早速満員電車で疲弊したなら、早起きを試してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
以前少し試してみたWorkflowy。
ただのアウトラインツールではなく知的生産ツールとして使えそうなので、
本格的に使い始めました。まだお試しですが。

【昨日の1日1新】
CEREAL(雑誌)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookでコメントする