Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

長期的改善のための短期的改善

短期的改善と長期的改善とは?

短期的改善とは、すぐに成果が出る改善のこと。
スキル・ノウハウ・テクニック的なものです。

即戦力になるのですが、他の人も短期で実施できるため、
差別化要因にはなりません。

長期的改善tとは、なかなか成果が出ないが根本からじわっと効いてくる改善です。
『7つの習慣』で「人格」と呼ばれているものを育むための取り組みです。

身につけるのに時間がかかるため差別化要因になりますが、
成果が出るまでに長期間の継続が必要です。

どちらも大事ですが、長期的改善は原理原則に従っていて本質であり、
より重要といえるでしょう。

短期的改善から始める

長期的改善が重要と言っても、
日々の忙しい生活の中では長期的改善に手を付ける時間がないかもしれません。

長期的改善で成果を出すには継続が必要です。

気が向いた時にやる、時間が取れた時にやる、といったやりかたでは、
なかなか成果は出ません。

まずは短期的改善から始め、長期的改善にも取り組めるように余裕を作りましょう。

いま忙しい人からすると「余裕」なんて作れないと思うかもしれません。

では、「隙間」とい言い換えると、それなら作れませんか?

忙しい中「隙間」を作って、そこに改善活動を入れる。

そうすると「隙間」がもうちょっとだけ広がる。

そういうことを繰り返すと長期的改善を入れられる「隙間」の大きさに広がっていきます。

短期的改善から始めると次のような効果もあります。

まず、自信になる、ということ。

短期的改善は短い時間の取り組みで効果が出るので、
自分にとっての成功体験となります。

成功体験を積み重ねていくことで、自分には改善ができるという自信になります。

もうひとつは、習慣になる、ということ。

習慣になると、改善することが当たり前になります。

改善のことを考えるハードルがなくなるので、
わざわざ意識して考えなくても、自然と改善のことに頭が行くようになります。

満を持さずに長期的改善にも取り組む

短期的改善を積み重ね、大きな余裕を作ってから満を持して長期的改善に取り組むのではなく、
早い時期に、少しずつでもよいので長期的改善に取り組むことが重要です。

短期的改善は短期で結果が出るはず。

だから短期でさくっと「隙間」を作って、長期的改善にも投資していくようにしましょう。

長期的改善は時間がかかるので、早く始めるほうがよいのです。

短期的改善に取り組んでいく過程で、長期的改善を同時に行っていくこともできます。

短期的改善はテクニック・ノウハウ的なことですが、
抽象度を上げえて捉えると、そのベースとなる考え方は長期的改善のヒントになります。

まとめ

長期的改善に取り組むには、
まずは短期的改善を高速に回して隙間を作り、
その隙間にさらに短期的改善とちょっとの長期的改善を入れ、
徐々に長期的改善にバランスを移していくのがよいでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
帰宅前にミスが判明し、設計をやり直しました。
スピード・サクサク感を少し犠牲にすればシンプルな設計になるのですが、
そこはこだわりたいということで、やり直しを選択しました。

【昨日の1日1新】
上海ソース風炒め

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookでコメントする