Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

プロジェクト立ち上げの効果が予想以上!

「世界に通用する写真家になるプロジェクト」を立ち上げてから1週間が経ちました。

この1週間で、すでにその効果が表れてきたように感じます。

「決め」の効果

理由云々は置いておいて、「世界に通用する写真家」になると決めました。

なる/やると「決め」てしまうことは大きな力を持つと実感しています。

言葉でうまく説明できない感覚なのですが、「決め」ると、そうなるのが自然だと感じるのです。

「決心」して、やるぞー!がんばるぞー!という感覚ではなく、川の流れがやがて海に出るのは当たり前のように、「決め」た姿になるのも当たり前、そんな感覚です。

あえて表現するなら、理由のない肯定感、安心感、現実感といった感じでしょうか。

「そうなると決めた姿」を表現するのに、「目標」とか「夢」といった言葉はしっくりこない。。
「目標」とか「夢」はがんばって達成するイメージがあるので。

いい表現が思いつきません。

やるべきこと、やりたいことが湧き出てくる

将来そうなるという現実感がありながら、現在の自分はそうではない。
そこに差分があります。

すると、その差分を埋めるためにやるべきことがどんどん湧いてきます。

うんうん考えてひねり出すというよりも湧いてくる感じ。

しかしそれは、やるべき義務的なことというよりも、やりたいことであり、「そうなると決めた姿」になった後でもやり続けるであろうことが多いのです。

悪習慣を退治できる

やりたいことができたので、当然それに時間をかけるようになります。

すると、自動的に不必要なことをやる時間がなくなり、自然とやらなくなります。

これまでがんばって減らそうとしていた長寝、テレビ、お酒の3大悪習慣を簡単に抑え込むことができています。

ブログネタに困らない

やりたいことができてそれを実践すると、その結果や気付き、学んだことなどがブログネタになります。

「そうなると決めた姿」と現在との差分を埋める活動の蓄積が、イコール、ブログネタの蓄積になります。

蓄積は積み重ね。

経験の積み重ねは「自信」を少しずつ育んでいるのかも知れません。

成長している実感がある

やりたいことができてそれを実践すると、その結果が成功であれ失敗であれ、新たな経験となります。

新たな経験を積むことで、進んでいる実感や成長している実感を感じることができます。

川の流れはやがて海に出る例えを出しましたが、「今日も順調に流れとるな~」という感じ。

爽快です。

まとめ

プロジェクトを立ち上げてから1週間で

  • 「決め」の効果
  • やるべきこと、やりたいことが湧き出てくる
  • 悪習慣を退治できる
  • ブログネタに困らない
  • 成長している実感がある

といったメリットを実感しています。

こんなに効果があるとは予想外。

もっと早くやっておけば良かったと思いますが、最初に「決める」ことが難しい。
難しいというか、自然とそうなるタイミングがあるような気がします。

さてこれからどうなるか、プロジェクトが進んでいくと、途中で停滞期が来るのか?興味深いです。

Facebookでコメントする