Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

解約金や契約解除料を払わずに新しいiPhoneと格安SIMに移行する方法

格安SIMがだいぶ浸透してきました。

新しい物に飛びつくガジェッターやテッキーじゃない人も使うようになって、
一般的になってきたと言えるでしょう。

格安SIMは、docomo, au, Softbankとくらべて月5,000円くらい安いので、
使ってみたい人が増えるのも頷けます。

格安SIMに移るための、技術的な作業、事務的な作業は、
難しくも大変でもありません。

簡単に移行できます。

しかし、問題は、docomo, au, Softbankの2年縛り。

2年毎の契約更新期間以外に解約する場合は、9,500円ほどの意味不明な費用がかかります。
(解約金、契約解除料などと呼ばれています。)

できれば、不要な出費は抑えたいもの。

ここでは、解約金を払わずに格安SIMに移行する方法を紹介します。

1. SIMフリーiPhoneをアップルストアで購入する

格安SIMを使うにはSIMフリーのiPhoneを使う必要があります。

SIMフリー版のiPhoneはアップルストア(リアル店舗またはオンライン)で売っています。

携帯ショップではなく、アップルストアでiPhoneを購入しましょう。

iPhoneは発売サイクルが一定で値引きもないので、発売直後に買うのが一番お得です。

まずは早めに、アップルストアで新しいiPhoneを買ってしまいましょう。

基本的には一括払いなので、ここで本体代として7-10万円の出費かかかります。

しかし、月々の支払いは安くなるので、この出費はがんばりましょう。

どうしても難しい場合は、アップルの実質年率0%ローンが使えないか、調べてみましょう。

たまにキャンペーンをやっています。

2. 今のSIMをSIMフリーiPhoneで使う

手に入れた新しいiPhoneはSIMフリーなので、
格安SIMも、docomo、au、SoftbankのSIMも、海外のキャリアのSIMも使うことができます。

解約金や契約解除料がかかる期間は、今あるdocomo、au、SoftbankのSIMを挿して使いましょう。

ただし、移行期間までの期間が長い場合は、解約金や契約解除料を払ってしまい、
格安SIMにささっと移行してしまうほうが安上がりな場合もあります。

格安SIMに移行して月5,000円安くなるとすると、
移行期間まで3ヶ月以上あるなら、
解約金や契約解除料を払ってでも、解約するほうが安くなるケースが多いでしょう。

新しいiPhoneに移行完了したら、古いiPhoneはアップルの下取りサービスに出すとよいでしょう。

3. 解約金や契約解除料が発生しない期間になったらdocomo、au、Softbankから格安SIMにMNPする

解約金や契約解除料が発生しない期間になったらdocomo、au、Softbankから格安SIMにMNPします。

今使っている新しいiPhoneからdocomo、au、SoftbankのSIMを抜き、
格安SIMに挿し替えれば、移行完了です。

まとめ

格安SIMに移行すると、多くの人は2年間で少なくとも5,6万円は節約できることでしょう。

docomo、au、Softbank独自のサービスを使っていないなら、
いい選択肢だと思います。

新しいiPhoneが発売された今が、移行するいいタイミングです。

Facebookでコメントする