Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」の効果的な使い方

Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」の効果的な使い方

2016年8日3日から提供が開始されたAmazonの新サービス「Kindle Unlimited」は、
Kindle本を月額980円で読み放題できるサービスです。

定額で読み放題なんて、読書好きにはたまらない。

早速登録して使ってみました(初月は無料です)。

使ってみてわかったのは、
Kindle Unlimitedの制限に合わせてうまく使わないと、サービスを使いこなせないことです。

Kindle Unlimitedの制限とは、

  • 同時に10冊まで読むことができる
  • 読み放題対象のタイトルはKindle本のタイトル全てではない

です。

この制限の中でKindle Unlimitedを最大限有効活用する方法を紹介します。

10冊枠を分ける

読み放題と聞くと欲張りになって、
読みたい本をあれもこれもダウンロードしたくなりそうですが、
10冊枠をすべて使ってしまうことはオススメしません。

読みたい本が10冊を超えた場合は、
どれかの利用を終了してから、新しい本を利用することができます。

読みたい本を見つけ、それをダウンロードして読もう!、と思ったときに、
この作業が発生すると、とても面倒に感じます。

こうならないように、10冊枠をすべて使ってしまわず、
空きを作っておきましょう。

じっくり読む本用に5冊分、チョイ読み用に3冊分、新しい本用に2冊分と分けておき、
それぞれの枠の中で回していきましょう。

じっくり読む本とは、読むのに時間がかかる本です。
ページ数が多い本や内容を理解するのに時間がかかる本などが当てはまります。
何度も読み返したい本もこの枠に割り当てます。

チョイ読み本とは、1,2日で読めてしまう本で、1回読めばよいものです。
漫画や雑誌、軽めのビジネス書や自己啓発書などです。
軽めでなくても、拾い読みでサラッと読みたい本もこの枠に割り当てます。

新しい本用枠は、気になった本をダウンロードしてみて、
読むかどうか試し読みする場合に使用します。

試し読みしてみて、じっくり読みたいならじっくり読む枠に、サラッと読みたいならチョイ読み枠に移動し、
読まないなら削除して空き枠を確保しておきましょう。

音楽聴き放題、動画見放題サービスとは異なる使い方を意識する

同時に読むことができるのは10冊までなので、
他の放題サービス、例えば、音楽聴き放題のApple Music、動画見放題のHuluやAmazon Prime Videoなど利用するのとは
違う考え方で利用するほうがよいでしょう。

音楽聴き放題サービスや動画見放題サービスは、利用数に制限がなく、
ダウンロードすることなくストリーミングですぐにコンテンツを楽しめます。

対して、Kindle Unlimitedは本のダウンロードが必要で、同時利用数に制限があります。

これって図書館とか、カフェ併設型の本屋さんに似ている。

本の在庫は膨大にあるのだけど、本棚から取ってきて読める冊数には制限がある、という利用モデルが電子書籍になっただけです。

だから、Kindle Unlimitedも、図書館や立ち読みの代わりに使うのがよいのです。

Kindle Unlimitedが便利なのは、他の人に貸出中で読めない本がある、といったことはないこと。

図書館や本屋さんまでわざわざ行く必要がないこと。

Kindle Unlimitedを、オンライン版の便利な図書館、カフェ併設型書店として利用しましょう。

気に入った本は買う

気に入った本も全てKindle Unlimitedで調達しようとすると、
10冊枠が足りなくなってしまいます。

気に入った本、何度も読みたい本は買ってしまいましょう。

気に入った本は買って自分の本棚に、Kindle Unlimitedの本はあくまで図書館の本である、ということを意識すると
10冊枠で足りなくなることはありません。

当たり本(ベストセラー、キラーコンテンツ)を1冊読めば元が取れる

Kindle Unlimitedの対象となっている本の中には、
ベストセラー本、定番本があります。

それらの1,000円以上する本を1冊読めば、月額980円の元は取れます。

ほかのチョイ読みは無料で利用できると考えると、
とてもお買い得なサービスといえます。

例えば、 新刊の『LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵』は、
Kindle版で1,250円、単行本では1,836円です。

この本が、発売日からKindle Unlimitedの対象になり、読み放題で読めました。

この本1冊だけでも元が取れてしまいます。

他にもビジネス書の定番本も多数Kindle Unlimitedの対象になっていっます。
また別の機会に紹介しましょう。

まとめ

Kindle Unlimitedは制限があるものの、うまく使うと便利なのは間違いありません。

「読み放題」という言葉に惑わされて欲張りなることなく、
サービスの利点を効果的に使っていきましょう。

本好きにとっては、Kindleだけでも嬉しいサービスですが、
読み放題もついて夢の様なサービスになりました。

気になったら試してみましょう。

Facebookでコメントする