Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

MacでExcelファイルを開く方法

MacでExcelファイルを開く方法

MacにはApple製のオフィスアプリiWorksがありますが、
一般的にはMS Officeの方がまだまだ使われています。

iWorksの表計算ソフトNumbersでもExcelのファイルは開けますが、
互換性のレベルは実用して困る場面が出てくる水準です。

また、マクロ機能などExcelでないと使えない気のもあります。

そこで、MacでもExcelを使いたくなるのです。

ここでは、MacでExcelファイルを開く方法をご紹介します。 

Office 2016 for Mac をダウンロードしてインストールする

Office 2016 for Mac は1か月間、無料で試用できます。

無料試用版のダウンロード – Microsoft Office 365 Solo からダウンロードしてインストールします(Microsoftアカウントでログインが必要です)。
Office 2016 for Mac 無料試用版のダウンロード

1か月間は、Excel以外のWordやPowerPointも含め、フル機能を無料で使用することができます。

試用終了後

1か月間の試用期間が終わった後にExcelを起動すると、
“Office 365 サブスクリプションは有効期限が切れています。” と表示され、
Office 365 サブスクリプションの更新を求められます。

Office 365 サブスクリプションの更新

試用期間終了後もフル機能を使いたい場合は、
Office 365 サブスクリプションまたはパッケージ版を購入する必要がありあます。

しかし、Excelファイルを開くだけなら、製品版を購入する必要はありません。

試用期間が過ぎても、Excelファイルは開くことができます。

入力や関数を使った計算もできます。

MacでExcelファイルを開く

ただし、保存ができません。

MacでExcelファイルを開く

つまり、互換性の高いビューワーとして使えます。

まとめ

PCの世界ではMacのシェアが上がり、Windows PCと同じくらいよく見かけるようになりましたが、
オフィスソフトについては、まだまだMS Offcieがないと困ります。

ヘビーに使うなら、Office 365 サブスクリプションやパッケージ版を購入するしか選択肢はありませんが、
開いて見るだけ、さっと計算するだけ、といったライトなユーザーは、無料版を使うとよいでしょう。

マイクロソフトはMicrosoft Excel Viewerというビューワーソフトも配布しているのですが、
Mac版はないようなので、こちらの方法がオススメです。  
(Windowsの場合も、Microsoft Excel Viewerは更新が遅いので、最新版のOfficeを使う方をオススメします。)

Facebookでコメントする