Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

iPhoneのシャッター音を消す裏技を使う時に出る消音ボタンを簡単に表示/非表示する方法

iPhoneのシャッター音を消す裏技を使う時に出る消音ボタンを簡単に表示/非表示する方法

iPhone7でカメラやスクリーンショットのシャッター音が大きくなったことから、
シャッター音を消す裏技が話題になっています。

その方法はこちら。

動画:iPhone シャッター音の消し方(iOS 10)。※ iPhone 7 / Plusでも消音可 - Engadget Japanese動画:iPhone シャッター音の消し方(iOS 10)。※ iPhone 7 / Plusでも消音可 – Engadget Japanese

この方法を使うと、確かにシャッター音を消音でき、
消音カメラアプリを使わず、標準のカメラアプリで
高画質の写真撮影が可能です。

シャッター音が爆音で鳴らないのは快適。

海外モデルはシャッター音が鳴らないのが標準なのですが、
何か不思議な感じ。

いかに日本仕様に慣らされてきたか、実感できます。

さて、シャッター音を消すことはできたのですが、
この方法を使うと、画面に消音のAssistiveTouschボタンが表示されます。

iPhoneのAssistiveTouschボタン

これが常に表示されるのは、操作の邪魔になりますよね。

いろんな場所に置いてみましたが、意外と画面全体を使っているようで、
どこにおいても邪魔です。

使う時だけ表示したい。

というわけで、消音ボタンを簡単に表示したり非表示にする方法を紹介します。

アクセシビリティ ショートカットを設定する

[設定] – [一般] – [アクセシビリティ] – [ショートカット] を開き、
“AssistiveTousch” を選択します。

iPhoneの設定 一般

iPhoneの設定 アクセシビリティ

iPhoneの設定 ショートカット

iPhoneの設定 ショートカット

すると、ホームボタンのトリプルクリックで消音ボタンの表示と非表示を切り替えることができるようになります。

これで、普段は消音ボタンは表示されず、
撮影前にホームボタンをトリプルクリック(消音ボタン表示) → タップして消音 → ホームボタンをトリプルクリック(消音ボタンを隠す) → カメラ起動 → 撮影
といった流れで消音で写真撮影できます。

設定をたどってAssistiveTouschをON/OFFするよりはだいぶラクになりました。

ぜひ、お試しください!

Facebookでコメントする