Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

アイデアを出すのに最も重要なのは数

『発想法の使い方』という本を読みました。

もっとも印象に残ったのは、

アイデアは、そのほとんどがクダラナイ、ボツ案である。だからたくさん出す。その中に素敵なアイデアがある

引用元:発想法の使い方 p.4

という部分。

アイデアは選択肢であり、最終案ではありません。

また、一発で企画になるようなアイデアを出すなんてことは無理。

だから、数を出す。

アイデアは選択肢です。

多くの選択肢からよりよいものを選び出すために、まずは選択肢を増やしていく。

判断を遅延させて、まずは出す、出す、出す。

自分の思考のパターンを振り返ってみると、いくつかアイデアは出すものの、ある程度出揃った所でアイデア出しを止めてしまう。

そして、その中から選択するので、浅い軽い考えのような結果になる。

結論を出すことを急いでしまうわけです。

もっとアイデアを出すには、アイデア出しの時間と選択の時間をしっかりと分けるのがよい。

始めは不安があるかもしれません。

駄作のようなアイデアばかり積み重ねて意味があるのか?結論は出るのか?

考えると思います。

でも、やってみないと分からないので、トライあるのみです。

Facebookでコメントする