Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

新しいサービスにはとりあえず手を出してみるとよい3つの理由

新しい製品やサービスが発表された時に、
あなたはどのような反応をしますか?

まず使ってみるのか、
とりあえず様子を見て、流行ってきたり、良さげな評判を聞いてから使い始めるか。

マーケティングには、イノベーター理論というものがあります。

イノベーター理論

イノベーター理論は、1962年にスタンフォード大学の社会学者であるエヴェリット・ロジャースによって提唱され、別名普及学とも言われる。特定様式が流行する過程において、その社会を構成するメンバーを分類したものである。

イノベーター(Innovators:革新者)
新しいものを進んで採用するグループ。彼らは、社会の価値が自分の価値観と相容れないものと考えている。全体の2.5%

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)
社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断するグループ。オピニオンリーダーとなって他のメンバーに大きな影響力を発揮することがある。全体の13.5%。

アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)
ブリッジピープルとも呼ばれる。新しい様式の採用には比較的慎重なグループ。全体の34.0%。

レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)
フォロワーズとも呼ばれる。新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。全体の34.0%。

ラガード(Laggards:遅滞者)
最も保守的なグループ。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しない。全体の16.0%。中には、最後まで流行不採用を貫く者もいる。

引用元:流行 – Wikipedia

ここで言われているイノベーターやアーリーアダプター以外に分類される人は、
「まずは様子見」という人が多いかもしれません。

そういう人でも、イノベーターやアーリーアダプターになる必要はありませんが、
その要素は持っている方がよい3つの理由をご紹介します。

1. それについて語れる

新しいサービスを使わずに、あれやこれや(特に否定的な意見)を言う人がいます。

そういう人の意見は聞く必要がありません。
信頼性がありませんから。

実際に使ってみて、初めてその良さ、あるいは欠点が見えてくることがあります。

使ってみることもせず、想像であーだこーだ言っていても始まりません。

一度使ってみれば、自分の経験として意見を言うことができます。

まず使ってみる人は以外と少ないので、実際に体験した上での意見は重宝されます。

2. ディスカウントやキャシュバックが得られる

新しいサービスは、まずユーザーを集める必要があります。

だから、初期にはユーザー獲得のために、キャンペーンを行ったりします。

それは、事業を成功させるために必須な要素ですから、そのための予算を組んでいるのです。

例えば、

などなど。

ディスカウントやキャシュバックがなくても、
初回無料のものがほとんどです。

試してみるのに、金銭的な負担は大きくありません。

3. 好きなユーザー名を選べる

早めにユーザー登録しておくと、自分の好きなユーザー名を取得することができます。

登録が遅くなると、他のユーザーがすでに自分が使いたいユーザー名を取得してしまうので、
数字をつけたり、文字を重ねて長くしてみたりと、別のユーザー名を考えなければなりません。

そんな無理やり作り出したユーザー名なんて、覚えてられないので、
早く登録して、自分の使いたいユーザー名をとっておく方がよいです。

まとめ

新しいサービスをなんでもかんでも導入しよう、という話ではありません。

当然、消えていくものもあるでしょう。

そういうサービスをがっつり導入して依存してしまうことは、リスクになります。

人柱的なことを楽しめないならば、イノベーターやアーリーアダプターに任せてもよいと思います。

しかし、新しいものを海のものとも山のものとも分からない状態で放っておくのと、
ちょっと触っておいて親近感を持っておくのとでは、
それが世の中の主流となってきた時に、その波に反応する感度や、その波に乗る初速が違ってきます。

変化に対応していくには、そういった感覚が大事ではないでしょうか。

Facebookでコメントする