Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

WordPressのしくみ

さて今日は、「WordPressのしくみ」について簡単にご紹介します。

WordPressは、HPやブログを作るのに、

いま標準として使われているソフトウェアです。

昔は(と言っても今もありますが)、ウェブページは

1つのHTMLファイルでできていました。

HPにアクセスが来ると、リクエストされたHTMLファイルを送って、

ブラウザがそのHTMLファイルをキレイに見られるように表示します。

でも、このやり方だとHTMLファイルを送るだけなので、

内容が固定されてしまいます。

□ □ □

WordPressでは、完成されたHTMLファイルをあらかじめ作っておくのではなく、

HPにアクセスが来るたびにHTMLファイルを生成して、

それを送ります。

毎回、リクエストに応じてページを作るので、

柔軟にページの内容を変えられます。

□ □ □

WordPressは、

  • HTMLの構造(タグ)
  • 内容(テキスト)
  • 設定(テーマの各設定値、プラグインの設定値)

などを部品として別々に持っておき、

HPにアクセスがあると、

これらをガチャガチャっと組み合わせて1つのHTMLファイルを作成します。

□ □ □

HTMLの構造(タグ)は、

WordPress本体やWordPressテーマから作られます。

WordPress本体やWordPressテーマは、

PHPというプログラムでできています。

内容(テキスト)や設定(テーマの各設定値、プラグインの設定値)は、

データベースに保存されています。

だから、WordPressでできたHPを全部バックアップするには、

ファイルとデータベースの両方を保存する必要があります。

PCだと、作った文書や資料はすべてファイルとして保存されているので、

ファイルだけ取っておけばバックアップできます。

しかし、WordPressでは、書いた文章(コンテンツ)はデータベースに入っています。

データベースって、普段扱うことはないので難しく感じるかもしれませんが、

今日はとりあえず「コンテンツはデータベースに入っている」ということだけ覚えておきましょう!

Facebookでコメントする