Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

ケータイの入力でフリックだけ使うなら

さて今日は、「ケータイの入力でフリックだけ使うなら」というテーマでお送りします。

ケータイの入力方法として、フリック方式が登場してから数年経ちました。

フリック方式とは、キーを上下左右にスワイプして入力する方法です。

例えば、「お」を入力するには、

「あ」キーを下にフリックします。

以前のガラケースタイルの入力方法では、

「あ」キーを5回押して「お」を入力していました。

フリック方式は、ワンタッチで直接「お」を入力できるので、

慣れるとガラケー方式より速く入力できます。

○ ○ ○

通常、デフォルト設定では、

フリック方式とガラケー方式の両方が使える設定になっています。

その時に問題になるのが、

「あ」「あ」と連続して打ちたいとき。

2回めの「あ」を入力するつもりが、

ガラケー方式も使えるようになっているので

2個めの「あ」ではなく、1文字目が「い」になってしまいます。

「あ」「あ」と連続して入力するときは、

右キーでカーソルを移動させるか、

どの方向化に一度フリックして指を離さずにまた「あ」に戻すと、

2文字目の入力に移ります。

でも、これって手間ですよね。

フリック方式しか使わないなら、

ガラケー方式をオフしてしまうと、

連打で「あ」「あ」が入力できるようになります。

■iPhoneの場合

[設定] – [一般] – [キーボード] を開き、

「フリックのみ」をONします。

■AndroidのGoogle日本語入力の場合

[設定] – [言語と入力] – [Google 日本語入力] -[キーボード レイアウト] を開き、

「入力スタイルの設定」を “フリック入力” にします。

○ ○ ○

紹介したように、設定変更はとても簡単なので、

是非試してみて下さい!

Facebookでコメントする