Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

iPhoneとMacでメモを同期する方法

さて今日は、「iPhoneとMacでメモを同期する方法」というテーマでお送りします。

iPhoneにもMacにも、標準のメモアプリ「メモ App」が入っています。

メモ Appで書いたメモは、iCloud経由で、

iPhoneとMacで同期できます。

つまり、Evernote的な使い方ができるわけです。

Evernoteでテキストを書くと、

Evernoteが勝手にフォントなどのフォーマットを変更してしまう場合があります。

テキストに関しては、Evernoteの作りは、あまり良くない。

テキストを同期するには、Evernoteよりもメモ Appの方がよいかもしれません。

では、iPhoneとMacでメモを同期するための設定方法をご紹介しましょう。

■iPhone

[設定] – [iCloud] を開き、Apple IDでログインします。

その後、下の方の「メモ」をONします。

設定はこれだけ。

メモ Appを開くと、ICLOUDというフォルダとIPHONEというフォルダがありますが、

同期するメモは、ICLOUDフォルダに保存しましょう。

IPHONEフォルダに保存すると、iPhoneの中だけに保存され、同期されません。

■Mac

[システム環境設定] – [iCloud] を開き、Apple IDでログインします。

その後、右側のリストの「メモ」にチェックを入れます。

設定はこれだけ。

メモ Appを開くと、iPhoneで同期したメモが見れます。

■Windows

ちなみに、WindowsからiCloudのメモにアクセするには、

iCloudのウェブ版を使います。

https://www.icloud.com/

からApple IDでログインし、「メモ」を選択すると、

ブラウザからメモを見たり、編集できます。

○ ○ ○

Apple製品間での同期は、簡単にできるように作られています。

Apple IDでログインして、同期したいアイテムをONするだけなので、

ぜひ試してみてください!

Facebookでコメントする