Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

道具の大切さ

使っているボールペンに不具合が発生しました。

書く時、紙にペン先がつく時、カチカチと音がします。

気になる大人のですが、まぁ、こんなものか、とも思っていました。

しかし、偶然、ペンの向きを変えると音が出なくなることに気付きました。

すると、書くことが気持ち良く感じられるようになり、筆が進むようになりました。

それまでの遅々とした筆の進みが嘘のように。

カチカチと音がするかしないか、のちょっとした違いです。

たったこれだけのことで作業効率が大きく変わることに驚きました。

道具は、機能性はもちろんのこと、デザインや使い心地など気分に影響を与える部分も重要です。

特に、ペンや、キーボードなど人とのインターフェースとなるものは、その影響が大きいです。

だから、自分が気に入ったもの、心地よいものをこだわって選んで、使っていきたいです。

写真でいうと、もちろんカメラですね。

Facebookでコメントする