Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

コピー&ペーストの効率を上げる方法

コピー&ペーストって便利ですよね。

手書きにはできないことですから。

この便利なコピー&ペースト機能を

さらに便利にする技があります。

■コピー&ペーストの履歴は1つだけ

ふつう、コピー&ペーストの履歴(クリップボード履歴)は

1つだけ保存されます。

別のものをコピーすると、

前コピーしたものは消えてしまいます。

そうすると、以前コピーしたものを、

またペーストしたい時には、コピーし直さなければなりません。

これは、手間がかかり、面倒ですよね。

コピー元のブラウザのウィンドウやドキュメントファイルを

閉じてしまっている場合もありますから。

■コピー&ペーストの履歴を保存する

コピー&ペースト機能を便利にするには、

クリップボード履歴を保存するアプリを使います。

このアプリを使うと、Ctrl + C や ⌘ + C でコピーした

コピー履歴が自動で記録され、

過去のコピーに遡ってペーストできるのです!

■クリップボード履歴を保存するアプリ

クリップボード履歴を保存するアプリのオススメとしては、

Windows なら

CLCL
http://www.nakka.com/soft/clcl/

Mac なら

Clipy
https://clipy-app.com/

iOS なら

Copied
https://itunes.apple.com/jp/app/copied-copy-paste-everywhere/id1015767349?mt=8

があります。

(iOS の Copied は iOS の制限で自動で保存されません)

紹介したアプリでは、クリップボード履歴を呼び出す

ショートカットキーを設定できます。

Alt + C などに割り当てておくと、簡単にクリップボード履歴を呼び出せます。

ぜひ、お試しください!

Facebookでコメントする