Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

Amazonの4つのサービスをうまく使い分ける方法

さて、今日は「Amazonの4つのサービスをうまく使い分ける方法」というテーマでお送りします。

Amazonって便利ですよね。

使ってますか?

新しいサービスを次々とリリースしていくスピード感があり、

アメリカのIT起業らしさを感じます。

一方で、最近は新しいサービスが色々ありすぎて、よくわからなくなってきたり。。

そこで、Amazonのサービスをうまく使っていくための方法をご紹介します。

Amazonでは、普通にものを買う以外にも、

  • Prime Now
  • パントリー
  • Dashボタン
  • 定期おトク便

というサービスが使えます。

上に行くほど、配達は早く、代わりに費用は高くなります。

■Prime Now(プライム ナウ)

Prime Nowは、指定した2時間ごとの配送枠の時間帯で届けてくれます。

例えば、17時に注文すると、最速で選べるのは 18:00-20:00 の枠で、

この場合、3時間以内に商品を受け取ることができます。

2時間便の利用料は無料ですが、

合計金額2,500円以上から注文可能です。

さらに、890円の配送料をかければ、

注文から1時間以内に配送されるオプションもあります。

急いでいる時は、Prime Nowを使いましょう。

■Dash Button

Dash Buttonは、ボタンに商品を紐付けておき、

ものがなくなったら、そのボタンを押せば自動に購入・配達してくれるサービスです。

ボタンの購入に500円かかりますが、

初回注文時にご請求額より500円差し引かれるので、

実質無料です。

ボタンを押すだけなのでお手軽ですが、

購入時に値段を確認できないので、心理的なお手軽感が下がります。

■パントリー

パントリーは、箱のサイズが決まっていて、

そこに入るだけの食品・日用品をまとめて届けてもらうサービスです。

ひと箱当たり290円かかるので、

箱をできるだけ埋めるほうがお得になります。

ついつい詰め込みたくなりますが、

すぐに要らないものまで注文しないように注意しましょう。

たまに手数料290円が無料になるキャンペーンを実施しています。

トイレットペーパーやティッシュ、ミネラルウォーターなど、

大きいものや重いものはパントリーを使いましょう。

■定期おトク便

定期おトク便は、月一回、定期的に届けてもらうサービスです。

商品ごとに○ヶ月おきという設定ができ、

購入頻度を調節できます。

「おトク便」とある通り、

通常で10%オフ、3点以上まとめての配送になると15%オフになります。

使用頻度がある程度決まっているものは

定期おトク便がおトクです。

○ ○ ○

ややこしいのは、それぞれのサービスで購入できる商品ラインナップが異なる点です。

基準として、

洗剤など使用頻度が決まっているものは定期おトク便、

大きいものや重いものはパントリー、

それ以外は、通常購入やDash Buttonと決めておくと、

買い物がスムーズになります。

Facebookでコメントする