Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

PCのブラウザで開いてたページをスマホから見る方法

さて今日は、「PCのブラウザで開いてたページをスマホから見る方法」というテーマでお送りします。

PCやMacで、ウェブ検索などをして調べものをしておいたものの、

メモを取っていなかったり、

調べた情報を覚えたはずが、ど忘れしたり。

いざ外出先で必要なときになると、その情報がわからず困った。

そんな失敗はありませんか?

そんな失敗の対策として、スマホから家のPCで開いたウェブページを見る方法をご紹介します。

■iPhone, MacのSafariの場合

準備として、iPhoneで

[設定] – [iCloud] を開き「Safari」をONします。

Macで

[システム環境設定] – [iCloud] を開き「Safari」にチェックを入れます。

次に操作ですが、

iPhoneのSafariを起動し、

右下の四角が重なったアイコンをクリックします。

すると、タブを切り替える画面になります。

その画面の下側の黒い部分に、MacのSafariで開いているタブが表示されます。

タブを選ぶと、iPhoneで、MacのSafariで開いていたタブを開くことができます。

iPhoneでMacで開いているタブを見るときも、

Macの電源が入っている必要はありません。

では、閉じてしまったタブはどうするのか?

iPhoneのSafariで、ブックマークから履歴を開くと、

MacのSafariの履歴も混ざって表示されます。

Macでタブを閉じてしまっていても履歴から再びページを開くことができます。

■Chromeブラウザの場合

同じようなことがChromeブラウザでも可能です。

iPhoneのChromeをインストールしたら、

設定から「アカウントを追加」し、Googleアカウント (Gmailアカウント)で

ログインします。

次に、設定から[同期]を開き、「同期」をON, 「データタイプ」を “すべて同期” にします。

MacやPCのChromeでは、

Chromeの設定の「ログイン」から Googleアカウントでログインし、

[同期の詳細設定] で、”すべてを同期する” を選択します。

次に操作ですが、

iPhoneのChromeを起動し、

左上の3点アイコンから [最近使ったタブ] を選択すると、

MacやPCのChromeで開いているタブが表示されます。

履歴も同じように、左上の3点アイコンから [履歴] を選択すると、

MacやPCのChromeの履歴も混ざって表示されます。

○ ○ ○

この機能は地味に便利でよく使います。

ぜひ試してみてください!

Facebookでコメントする