Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

コストゼロでメルマガを発行する方法

さて今日は、「コストゼロでメルマガを発行する方法」というテーマでお送りします。

ネットのマーケティングツールとして代表的なもの上位に必ず入るのがメルマガです。

FacebookやLINEなどを使った新しい手法も登場していますが、

メルマガは王道として使い続けられています。

さて、メルマガを発行するには、

メルマガの読者を集め読者リストとして管理します。

そして、そのリストに対し、メルマガを送ります。

そういったプロセスを手作業で行うこともできますが、

面倒で手間もかかるため、なんらかのシステムに任せたいものです。

ちまたには、「メルマガスタンド」なるサービスが多数あります。

メルマガの読者登録やリスト管理、配信をサポートしてくれるサービス・システムです。

メルマガの読者が増え軌道に乗ってくると、

こういったサービスを使うことでと効率化できます。

しかし、月に3,000円くらいの費用がかかります。

月3,000円といえば、毎月課金のサービスとしては高額な部類に入ってきます。

格安SIMが1,500円くらい、Adobe Creative Cloud コンプリートプラン(アドビのソフトがすべて使える)が
4,980 円ですからね。

とりあえず使ってみるにはややハードルが高く感じます。

そこで今回は、とりあえず読者が数100人程度の間は、無料でメルマガを運営できる方法をご紹介します。

■レンタルサーバーのメルマガ機能を使う

たとえば、エックスサーバーにはメルマガ機能が付いています。

この機能を使ってメルマガを運営すれば、

レンタルサーバーの料金に追加費用ゼロで、メルマガを配信できます。

メルマガ機能が付いていないレンタルサーバーでも、

メーリングリスト機能が付いているレンタルサーバーは多くあります。

送信者を限定するなど工夫すれば、メーリングリストを使ってメルマガを配信することも可能です。

■WordPressのプラグインを使う

HPやブログをWordPressで運営しているなら、

プラグインを使ってメルマガ機能を追加することができます。

有名所では、

MailPoet Newsletters
https://ja.wordpress.org/plugins/wysija-newsletters/

Newsletter
https://ja.wordpress.org/plugins/newsletter/

などがあります。

ちなみに、メルマガは英語では newsletter と呼ばれることが多いので、
“newsletter” で検索するとたくさんの情報がヒットします。

「MailPoet Newsletters」は日本語対応していて、簡単に使えます。

お試しにとりあえず使ってみるのに、セットアップの手間や時間もあまりかからず、

適していると思います。

○ ○ ○

何ごともやってみないとわからない点があります。

まずやってみるために、コストや手間、かかる時間や心理的・技術的ハードルを抑えることが

重要です。

いきなり大きなシステムを組もうとするのではなく、

素早くスモールスタートできるよう意識できるとよいですね。

ぜひ試してみてください!

Facebookでコメントする