Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

QRコード読み取りアプリなしにQRコードを読み取る方法

さて今日は、「QRコード読み取りアプリなしにQRコードを読み取る方法」というテーマでお送りします。

紙媒体に書かれたURLを打ち込むのは面倒。

そこで登場したのがQRコードです。

商品パッケージについているバーコードの情報量が多いバージョンですね。

QRコードをカメラで読み取れば、文字列として読み取れます。

広告やクーポン、名刺などでよく使われています。

しかし、iPhoneの標準カメラアプリには、QRコードを読み取る機能が付いていません。

そこで、iPhone用のQRコードアプリをインストールして読み取ります。
(Androidスマホにはついている場合が多いのですが。)

ですが、アプリの数はできるだけ減らしたいです。

QRコードを読み取るためだけにアプリをインストールするのは

できれば避けたい。

標準カメラアプリにQRコード読み取り機能が付けばよいのですが、

ずっと非搭載のまま来ているので、期待出来なさそうです。

そこで今回は、iPhoneでQRコード読み取りアプリをインストールすることなく

QRコードを読む工夫を紹介します。

■LINEアプリを使う

LINEを使っているなら、LINEアプリでQRコードを読めます。

[友だち追加] – [QRコード] と進むと、カメラ(QRコードリーダー)が起動します。

このQRコードリーダーは、友だち追加以外にも、

普通のQRコードリーダーとしても使えます。

読み込んだURLはSafariで開くことができます。

ただし、LINEアプリのQRコード読み取り機能は、

カメラのピント合わせが弱いので、

印刷が薄い色のQRコードや小さいQRコードは読めない場合があります。

■Chromeアプリを使う

標準のSafari以外にもChromeをインストールしておくと何かと便利です。

ChromeアプリでもQRコードが読めます。

iPhone6s 以降の3D touch機能がついているiPhoneならば、

Chromeのアイコンをグッと押し、メニューから

[QRコードをスキャンします] を選択します。

すると、カメラ(QRコードリーダー)が起動します。

読み込んだURLは、Chromeのアドレス欄に自動的に入力されます。

3D touch機能がついていないiPhoneの場合、

ホーム画面でしたに引っぱり、Spotlight検索欄に

「qrコード」と入力し、検索します。

すると、検索結果の “CHROME” の部分に

[QRコードをスキャンします] が出てくるので、

そこからQRコードリーダーを起動します。

○ ○ ○

アプリは便利ですが、

気づかないうちにとどんどん増えていきます。
(と言っても自分で入れているのですが。。)

なるべく増やさない工夫や整理整頓が重要です。

ぜひ試してみてください!

Facebookでコメントする