Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

iPhoneをバックアップする方法

さて今日は、「iPhoneをバックアップする方法」というテーマでお送りします。

iPhone を定期的にバックアップしていますか?

ちゃんとバックアップしている人のほうが少ないかも。

iOS のアップデートで iPhone が起動しなくなりリセットが必要になったとき(1度経験しました)、

iPhone が故障して端末交換になったとき、

紛失して別の端末を使う羽目になったとき、

新しい機種に買い換えるとき、

バックアップが必要になってきます。

アクシデントが発生してからではバックアップできません。

普段からバックアップをしておきましょう。

最近は、アプリのデータについてはクラウドにバックアップして復元できるアプリが

多くなってきました。

しかし、クラウド対応していないアプリのデータや設定、

ホーム画面のアプリの並び順などの本体の設定などについては、

バックアップしておかないと復元できません。

iPhone のバックアップ方法は、2種類あります。

iCloud にバックアップする方法と、 iTunes 経由で PC や Mac にバックアップする方法です。

iCloud にバックアップする方法では、

PC や Mac がなくてもバックアップや復元が可能なのですが、

iCloud の無料ストレージは 5GB なので、足りない場合が多いでしょう。

ネットワーク越しのバックアップなので時間もかかります。

だから、 iTunes 経由で PC や Mac にバックアップする方法をオススメします。

■iTunes 経由で PC や Mac に iPhone をバックアップする方法

iTunes を開き、 PC や Mac に iPhone を接続します。

iTunes に iPhone が表示されたら選択します。

[概要] – [バックアップ] で “このコンピュータ” を選択し、

「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

初回はパスワードを尋ねられます。

復元するときに入力する必要があるので、忘れないパスワードにしましょう。

暗号化を ON しておくと、ヘルスケアデータや保存したパスワード(Wi-Fi のパスワードなど)などもバックアップされ、

復元の際には、それらのデータも復元されます。

[今すぐバックアップ] ボタンをクリックします。

するとバックアップが始まります。

「最新のバックアップ」の「このコンピュータ」が “今日” になっていれば OK です。

○ ○ ○

1度設定すれば、あとは iPhone をつないで同期すると

自動でバックアップも行われます。

ただし、iCloud バックアップを ON していると、

iTunes の方のバックアップは自動には動かないので注意が必要です。

バックアップがある場合とない場合では、復元にかかる時間・手間が大きく変わります。

面倒臭がらずに、普段からバックアップは取っておきましょう。

Facebookでコメントする