Photo x Programming

写真家プログラマーKのIT効率化術

このブログについて

ITの力を使うことでこれまで思いもよらなかったことができるようになったり、面倒な単純作業が効率化できます。
しかし、ITの力を使って「何ができるのか」「どうやってやるのか」を知らなければ、その恩恵は享受できません。

テクノロジー、ガジェット、ライフハックなどに関心がある人は、そのような情報を積極に取りに行くため、
ITの力を使うノウハウをよく知っています。

しかし、そうでない人は情報を持っていないため、ITを使えばできることを「できる」と気づかなかったり、効率化できる単純作業を手作業でやっていたりします。

だから、このブログでは、ITの力を使えばできることを紹介したり、効率化できる方法を共有したいです。

多くの人が、ITの力を使って仕事や家事を効率化したり、趣味やコミュニケーションを広げたり、日々の生活を深く味わい人生をより楽しめるといいなと思います。

 * * *

ところで、その恩恵を受けるために「何ができるのか」「どうやってやるのか」を使う側が知っていなければならないITの現状は、理想的ではありません。

究極の商品やサービスはユーザーに存在を意識させません。
ユーザーが欲しいものは、それを使った後の結果であり、商品やサービスを使うことはその結果を得るための単なる手段なのです。

手段としてのITを探し、選び、使い方を学び、実際に使う手間や時間は、ユーザーにとってコストです。

ユーザーの欲しい結果をユーザーにかかるコストをできるだけ少なく提供する。
それが商品やサービスのあるべき姿です。

現在のITの多くがそれを実現できていないために、ユーザー側に「できることや使い方を知る」コストが発生しています。

最終的には、ITがこの課題を克服して、多くの人が自然とITの恩恵を受け、このブログを書かなくてよくなる日がくればよいと思っています。

 * * *

話を戻すと、このブログでは、ITの力を使えばできることを紹介したり、ITを使った効率化の方法を紹介します。

問題は、IT系の話題に興味がない人は、そういったことについて検索したり、定期的に記事を購読するといったことをしないこと。

つまり、このブログでITを使ってできることや効率化の方法を紹介しても、それを届けたい人に発見されることはありません。

この問題を解決するために、このブログではIT系以外のことも書きます。

IT系の記事が、IT系以外のことに興味を持ってこのブログを読んでくれた人の目に留まり、ITの力を使うきっかけになればと願います。

まとめると、このブログではITを使ってできることや効率化の方法を紹介するとともに、IT系以外のこともあれやこれやと書いていきます。

更新通知

本ブログは、Feedlyまたはその他のRSSリーダーで購読できます。

follow us in feedly

また、Twitterでも更新をツイートしています。


免責事項

本ブログに書かれていることは個人的な発言であり、著者の所属する組織や会社を代表した意見ではありません。
著者の所属する組織や会社の製品・サービスに関する記述は個人的な見解であり、それらの利用、購入、広告を勧めたり、妨げるものではありません。

本ブログの金融商品に関する記事は、情報の提供を目的とするものであり、投資を勧誘するものではありません。
掲載している情報については細心の注意を払っていますが、掲載した情報に誤りがあった場合や、第三者によりデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関し、事由の如何を問わずに一切責任を負うものではありません。
投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われるようお願いいたします。